トップ   編集 編集(GUI) 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

openssh5.2のrpmパッケージ作成

Last-modified: 2015-01-25 (日) 02:57:05 (1604d)
Top / openssh5.2のrpmパッケージ作成

openssh5.2のrpmパッケージ作成

先日openssh5.2が出たので、openssh5.1からupdateする手順をまとめた。

無論、下記は自己責任で。(CentOS5)

rpm作成手順

最新版のsourceであるopenssh-5.2p1.tar.gzをダウンロードする。

自分はここから入手

openssh-5.2p1.tar.gzをmakeするにはx11-ssh-askpass-1.2.4.1.tar.gzが必要になる。

自分はここから入手

このままrpmbuildしてもエラーが出るので、対処する必要がある。

  • ディレクトリの削除
contrib/aix,caldera,cygwin,hpux,solaris,suse
  • specファイルの書き換えをする。
BuildPreReq: XFree86-devel
↓
BuildPreReq: libX11-devel libXt-devel

コマンド実行

tar zxvf openssh-5.2p1.tar.gz
cd openssh-5.2p1
rm -rf contrib/{aix,caldera,cygwin,hpux,solaris,suse}
vi contrib/redhat/openssh.spec
- 編集 -
cd ..
tar zcvf openssh-5.2p1.tar.gz openssh-5.2p1/
rpmbuild -ta --define 'skip_gnome_askpass 1' --define 'skip_x11_askpass 1' openssh-5.2p1.tar.gz

後は、rpm -Uvh をする。

cd /usr/src/redhat/RPMS/i386/
rpm -Uvh openssh-5.2p1-1.centos5.i386.rpm openssh-clients-5.2p1-1.centos5.i386.rpm openssh-server-5.2p1-1.centos5.i386.rpm

サービススクリプト修正

このままでは、initlogの警告が出てしまいopenssh5.2が上手く起動してくれない。

サービススクリプトを、以下のように変更する必要がある。

vi /etc/init.d/sshd

107行目付近を編集する。

initlog -c "$SSHD $OPTIONS" && success || failure
          ↓
# initlog -c "$SSHD $OPTIONS" && success || failure
$SSHD $OPTIONS && success || failure

これで再起動すれば完了。

/etc/init.d/sshd restart

参考サイト

質問掲示板 - CentOSで自宅サーバー構築