トップ   編集 編集(GUI) 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Redmineインストールmemo

Last-modified: 2015-01-25 (日) 02:57:02 (1547d)
Top / Redmineインストールmemo

仕事でredmineをインストールしたので、tips的に残しておく。

事情によりCentOS4ベースだが、たぶんCentOS5でも通じると思われる。

Redmineのインストールに関して

公式ページより

Redmineのインストールし、既存のApacheと連携させるまでの手順を説明します。
以下のものがインストールされている環境を前提としています。
    * Ruby
    * SQLite3
    * RubyGems
    * Ruby on Rails (# gem install rails)
      ※Redmine 0.7.0よりRails 2.0.2必須。1.2.x不可。
    * sqlite3-ruby (# gem install sqlite3-ruby)

これらのインストールを行う。又、上記に記載は無いが、
合わせてImageMagick?もインストールする必要がある。
これも、下記に手順を記してある。

インストールの準備

無ければインストール

yum install gcc wget readline make sqlite*

Sourceインストールするので関連rpm全削除(rubyとImageMagick?を削除)

yum remove ruby* ImageMagick*

rubyインストール(* Ruby)

rails-2.3.2は1.8.3以上を要求される。CentOS5は1.8.5なので大丈夫だと思われる。

CentOS4では1.8.1なので、Sourceインストールが必要。1.8.7をインストールする。

1.9.1だとredmineのDB初期化が出来なかった。

cd /usr/local/src/
wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p173.tar.gz
tar zxvf ruby-1.8.7-p173.tar.gz
cd ruby-1.8.7-p173
./configure
make
make install

確認

# ruby --version
ruby 1.8.7 (2009-06-08 patchlevel 173) [i686-linux]

gemsコマンドインストール

cd /usr/local/src/
wget http://rubyforge.org/frs/download.php/57643/rubygems-1.3.4.tgz
tar zxvf rubygems-1.3.4.tgz
cd rubygems-1.3.4
ruby setup.rb

確認

# gem --version
1.3.4

ImageMagick?インストール

CentOS4は6.0.7が、CentOS5は6.2.8が入っている。

rmagick-2.9.2はバージョン6.3.0以上を求められるので、Sourceインストール。

cd /usr/local/src/
wget ftp://ftp.kddlabs.co.jp/graphics/ImageMagick/ImageMagick-6.5.3-7.tar.gz
tar zxvf ImageMagick-6.5.3-7.tar.gz
cd ImageMagick-6.5.3-7
./configure
make
make install

確認

# convert --version
Version: ImageMagick 6.5.3-7 2009-06-16 Q16 http://www.imagemagick.org
Copyright: Copyright (C) 1999-2009 ImageMagick Studio LLC

sqlite3-rubyのインストール(* sqlite3-ruby)要sqlite-develパッケージ

・sqlite3-ruby のダウンロード(括弧内は作業時の最新バージョン)

http://rubyforge.org/frs/?group_id=254

(sqlite3-ruby-1.2.4.gem)

gem install sqlite3-ruby --local

確認

gem list
sqlite3-ruby (1.2.4)

Railsのインストール(* Ruby on Rails)

各種ダウンロード(括弧内は作業時の最新バージョン)

・Rake

http://rubyforge.org/frs/?group_id=50

(rake-0.8.7.gem)

・Rails

http://rubyforge.org/frs/?group_id=307

(rails-2.3.2.gem)

・Active Record

http://rubyforge.org/frs/?group_id=182

(activerecord-2.3.2.gem)

・Action Pack

http://rubyforge.org/frs/?group_id=249

(actionpack-2.3.2.gem)

・Action Mailer

http://rubyforge.org/frs/?group_id=361

(actionmailer-2.3.2.gem)

・Active Support

http://rubyforge.org/frs/?group_id=570

(activesupport-2.3.2.gem)

・Active Resource

http://rubyforge.org/frs/?group_id=3507

(activeresource-2.3.2.gem)

・Rmagick

http://rubyforge.org/frs/?group_id=12

(rmagick-2.9.2.gem)

gem install sqlite3-ruby --local
gem install rake --local
gem install activesupport --local
gem install actionpack --local
gem install activerecord --local
gem install activeresource --local
gem install actionmailer --local
gem install rails --local
gem install rmagick --local
gem install fastthread --local
gem install passenger --local

redmineインストール

・redmineを解凍して任意の場所(ここでは「/var/www/」)に移動

wget http://rubyforge.org/frs/download.php/56909/redmine-0.8.4.tar.gz
tar zxvf redmine-0.8.4.tar.gz
mv redmine-0.8.4/ redmine/
mv redmine/ /var/www/

・dbをsqlite3として定義する

cd /var/www/redmine/config/
vi database.yml

database.ymlの中

production:
  adapter: sqlite3
  dbfile: db/redmine.db
  timeout: 5000

・sqliteのDB初期化

cd /var/www/redmine/
rake db:migrate RAILS_ENV=production

redmineの動作確認(redmine単体で起動させる)

script/server -e production

この状態で、ブラウザで対象サーバの3000番ポートにアクセスして、redmineの操作が出来ればOK。

ApacheとRedmineの連携設定

先ほどgemでインストールしたpassengerパッケージを用いて、Apacheとの連携設定を行う。

以下のコマンドを実行(httpd-devel必修)

passenger-install-apache2-module

Enterキーを押して次へ進むと環境の確認とPassengerのビルドが行われる。

ビルドに成功すると、Passengerを組み込むためのhttpd.confの設定が表示されるのでコピーしておく。

例:

LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.2/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.2
PassengerRuby /usr/local/bin/ruby

さらにEnterキーを押して次へ進むとvirtualhostの設定のサンプルが表示される。

表示されたサンプルを、Apacheのhttpd.confもしくは、includeファイルに記載し設定を行う。

サンプル設定に関しては、redmineの公式ページにある下記ページを参照の事。

・Apache上でRuby on Railsアプリケーションを動かす/Passenger(mod_rails for Apache)の利用

http://redmine.jp/tech_note/apache-passenger/

Apache2.2系での注意点

httpd-vhosts.confにLoadModule?設定の他に、下記のようなディレクティブ設定を行うよう、

passenger-install-apache2-moduleの出力結果が得られる。

   LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.2/ext/apache2/mod_passenger.so
   PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.2
   PassengerRuby /usr/local/bin/ruby
<VirtualHost *:80>
    ServerName redmine.example.jp
    DocumentRoot /var/lib/rails/redmine/public
</VirtualHost>

しかし、これをこのままhttpd-vhosts.conf等に設定すると、403のパーミッションエラーが出る。

これは、Apache2.2系のデフォルト設定の影響によるもの。

下記のように、Directoryディレクティブを用いて、アクセス権限の設定を行う必要がある。

   LoadModule passenger_module /usr/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.2/ext/apache2/mod_passenger.so
   PassengerRoot /usr/local/lib/ruby/gems/1.8/gems/passenger-2.2.2
   PassengerRuby /usr/local/bin/ruby
<VirtualHost *:80>
    <Directory "/var/lib/rails/redmine/public">
        AllowOverride None
        Options None
        Order allow,deny
        Allow from all
    </Directory>
        ServerName redmine.example.jp
        DocumentRoot /var/lib/rails/redmine/public
</VirtualHost>

subversionインストール

当然subversionも入れる。

必要なrpmパッケージをインストールする。

yum install subversion mod_dav_svn db4

CentOS5.xなら、これで終了のはず。しかし、CentOS4.xでyum(dag)インストールするとバージョンが1.4.x系が入ってしまう。

CentOS5.xでyum(dag)インストールすると1.5.x系が入るので、これに合わせたい。

(データ移行がめんどくさい事になる)

なるべくRPMパッケージで入れたいので、EL5のパッケージをrebuildした。

用意したのは、この3ファイル。全てEL5用のもの。

cadaver-0.22.3-4.src.rpm
neon-0.25.5-10.src.rpm
subversion-1.5.6-0.2.rf.src.rpm

やや強引に入れているので、依存関係が少し狂う。動作も保障されない。

今の所トラブルは起きていないので、恐らくは大丈夫だと思うが、何ともいえない。

これのコンパイルとインストールに順番があるので注意。説明は箇条書きとさせていただく。

  1. 既存のneonとcadaverを rpm -e でアンインストールする。
  2. neon0.25.xをrpmbuildでパッケージ作成する。
  3. neon0.25.xとneon-devel0.25.xをインストールする。
  4. neon-devel0.25.xをインストール後にcadaverをrpmbuildでパッケージ作成する。
  5. cadarevをインストール。
  6. neon-devel0.25.xをインストール後にsubversionをrpmbuildでパッケージ作成する。
  7. subversionとmod_dav_svnを(アップグレード)インストールする。

※足りないパッケージは別途インストールする

このインストールを行わないと、一見動作しているように見えるがRedmineのリポジトリ機能が正常動作しない

インストールが完了したら、Apacheの設定を行う

vi /etc/httpd/conf.d/subversion.conf

中身の例はこのような感じ

<Location /svn/test>
    DAV svn
    SVNPath /var/svn/repos/test
</Location>

後はApache再起動で設定完了。

memo

・確認

インストールされているパッケージを確認

gem list

アンインストールコマンド

gem uninstall <パッケージ名>