トップ   編集 編集(GUI) 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

Apacheアクセス解析 AWStats

Last-modified: 2015-01-25 (日) 02:57:05 (1491d)
Top / Apacheアクセス解析 AWStats

Apache アクセスログ解析ツール AWStats

このページのアクセス解析を行うべく、AWStatsを導入した。

過去に仕事でAWStatsを弄った事があったので、迷わずこれに決めた。

無論、下記は自己責任で。(CentOS5)

事前準備 ログ形式の変更

まず、AWStatsに適したログ出力にApacheの設定を変更する。

自分は以下の通りに設定している。

AccessFileName .htaccess
SetEnvIf Request_URI "\.(gif)|(jpg)|(png)$" nolog
CustomLog logs/wiki.jwds.jp.access.log combined env=!nolog

AWStatsのインストール

AWStatsをダウンロードする。

cd /tmp/
wget http://downloads.sourceforge.net/project/awstats/AWStats/6.95/awstats-6.95.tar.gz?use_mirror=jaist

ドキュメントルートに設置する。

# tar zxvf awstats-6.95.tar.gz
# mv /tmp/awstats-6.95/wwwroot/cgi-bin/ /var/www/html/
# mv /tmp/awstats-6.95/wwwroot/icon/
# cd /var/www/html/
# mv cgi-bin/ awstats/
# mkdir awstats/data/

AWStatsディレクトリにアクセス制限をかける。

# cd /var/www/html/awstats/
# vi .htaccess

.htaccessファイルの内容は、自分の場合は下記の通りにした。

order deny,allow
deny from all
allow from 192.168.xxx.

AWStatsの設定を行う。

# cp awstats.model.conf awstats.conf
# vi awstats.conf

awstats.confの設定を行う。


Apacheのログファイルの位置の設定。

LogFile="/var/log/httpd/wiki.jwds.jp_access"

サイトのドメイン名。

SiteDomain="wiki.jwds.jp"

アクセス元の名前解決を行う。

DNSLookup=1

解析したデータの格納場所。

DirData="/var/www/html/awstats/data/"

AWStats のディレクトリを指定。

DirCgi="/awstats"

AWstatsアイコンの場所を設定。諸事象により相対指定にした。

DirIcons="../icon"

言語設定を明示的に日本語にする。

Lang="ja"

アクセス元国情報を詳細に取得

LoadPlugin="geoipfree"

尚、geoipfree を有効にするには Geo/IPfree.pm(perl-Geo-IPfree) が必要なので、Error: Can't locate Geo/IPfree.pm が出た場合は、以下のようにパッケージをインストールすれば良い。

# yum install perl-Geo-IPfree

更新用スクリプトの設置。

ログを集めてから適用するスクリプトを作成した。

# vi awstats.sh

自分の場合は9世代までログを残すようにしているので、やや強引だが以下の通りにした。

#!/bin/sh
zcat /var/log/httpd/wiki.jwds.jp.access.log.9.gz > /var/log/httpd/wiki.jwds.jp_access
zcat /var/log/httpd/wiki.jwds.jp.access.log.8.gz >> /var/log/httpd/wiki.jwds.jp_access
zcat /var/log/httpd/wiki.jwds.jp.access.log.7.gz >> /var/log/httpd/wiki.jwds.jp_access
zcat /var/log/httpd/wiki.jwds.jp.access.log.6.gz >> /var/log/httpd/wiki.jwds.jp_access
zcat /var/log/httpd/wiki.jwds.jp.access.log.5.gz >> /var/log/httpd/wiki.jwds.jp_access
zcat /var/log/httpd/wiki.jwds.jp.access.log.4.gz >> /var/log/httpd/wiki.jwds.jp_access
zcat /var/log/httpd/wiki.jwds.jp.access.log.3.gz >> /var/log/httpd/wiki.jwds.jp_access
zcat /var/log/httpd/wiki.jwds.jp.access.log.2.gz >> /var/log/httpd/wiki.jwds.jp_access
zcat /var/log/httpd/wiki.jwds.jp.access.log.1.gz >> /var/log/httpd/wiki.jwds.jp_access
cat /var/log/httpd/wiki.jwds.jp.access.log >> /var/log/httpd/wiki.jwds.jp_access

/var/www/html/awstats/awstats.pl -config=/var/www/html/awstats/awstats.conf -update

rm -rf /var/log/httpd/wiki.jwds.jp_access

cronの設定を行う。

# crontab -e

自分は以下のように4時間おきに動作するよう設定した。

30 0,4,8,12,16,20 * * * /var/www/html/awstats/awstats.sh

最後に作業ディレクトリを削除する。

# rm -rf /tmp/awstats-6.95/

以下のようなアドレスでアクセスすればAWstatsが表示される。

http://ドメイン名/awstats/awstats.pl

参考サイト

ログ解析ツール (AWStats) のインストール

AWStatsドキュメント - ディレクティブとパラメーターの設定