トップ   編集 編集(GUI) 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

無料でIME2007をインストールする方法

Last-modified: 2015-01-25 (日) 02:57:03 (1491d)
Top / 無料でIME2007をインストールする方法

無料でIME2007をインストールする方法

何やら、合法的にIME2007を無料でインストールする方法があるという事で調べてみた。

いろんな面で自己責任という事で。

準備

ここからMicrosoft Office OneNote 2007 体験版をダウンロードする

「X12-30139.exe」をGETする。

ダウンロードする画面に表示されたシリアルナンバーは、念の為メモしておく。

インストール方法1(難易度低)

1.ダウンロードした「X12-30139.exe」を実行する。

  (プロダクトキーは入力しなくてもOK)

2.インストールの種類の選択画面で「ユーザ設定」を選ぶ。

3.次の画面で

「Microsoft Office IME(日本語)」のみ「マイコンピュータから実行」にし、

他は「インストールしない」にする。

4.インストール完了後、インストールしたドライブのルートディレクトリに

  「MSOCache」というキャッシュフォルダが削除されずに残っているので削除。

OneNote体験版もインストールしたい場合はそれでもOK。
OneNote体験版の期限が過ぎても、IME2007を使い続けられる。
OneNote体験版をアンインストールすると、IME2007もアンインストールされる。

インストール方法2(難易度高)

1.ダウンロードした「X12-30139.exe」を実行する。

2.画面が表示されたら、

テンポラリフォルダ内にある \Proofing.ja-jp\Proof.ja フォルダを

任意の場所にコピーする。

ここにあるIME32.cab IME32.msi IME32.xmlがIME2007のセットアップ用ファイル。
(64bit用はIME64.cab IME64.msi IME64.xml)

3.SETUPをキャンセルする。

4.Windows Server 2003 Platform SDK に含まれるOrca.msiをインストールする。

5.IME32.msiをOrcaで読み込み、

Tables: InstallExecuteSequence
Actions: AbortMSI

を選択し、Drop Row でアクションを削除し、上書き保存し実行。

6.編集したIME32.msiを実行するとIME2007がインストールされる。

パッチ適用

1.Office IME 2007 (日本語) 修正プログラム KB938574 をインストール

2.IME 2007 変換精度、学習機能を改善した修正プログラム KB957698 をインストール

3.Microsoft Office IME 2007 最新語辞書更新 2008 年 11 月版 をインストール

4.Microsoft Office IME 2007 郵便番号辞書更新 2008 年 11 月版 をインストール

アンインストール

1.アンインストールするには「ファイル名を指定して実行」で

MsiExec.exe /X{90120000-0028-0411-0000-0000000FF1CE}

と実行する